ゼクス第10弾「真紅の戦乙女」のプロローグ(剣淵相馬Ver.)が公開!

剣淵相馬

2014年10月23日に発売となる待望の「ゼクス」のナンバリングタイトル最新弾

ゼクス第10弾 真紅の戦乙女のプロローグ(剣淵相馬Ver.)

ゼクス公式サイトにて公開されました!

剣淵相馬は憤慨していた。

「優鉢羅(ウッパラカ)や阿那婆達多(アナヴァタプタ)は北海道を奪還しようと躍起になってるのに、 八大龍王の男どもはどいつもこいつも! 無関係じゃねえだろ! なんで協力しねえんだ!」
「ムカつくゾ!」
「娑伽羅(サーガラ)の親父について尋ねた時も、興味なさげだしよ。アイツら人間じゃねえ!」
「人間じゃねえ!」

WS015441 WS015442 WS015443

人間離れした人間・相馬が、人間ではないゼクスたちの悪態をついている。
パートナーゼクスのフィーユもまた、相馬の怒りに同調した。

WS015444

「……ところで、なあ、フィーユ。
人間の女みてえな、しゃべるプラセクトって知ってるか?」
「そんな虫まで集めたいのか? 趣味悪いゾ、ソーマ!」

問いかけの趣旨を曲解したフィーユが、髪の毛と尻尾を逆立て、嫌悪感を表す。

「ちげえよ! 人型なんて、虫取りの範疇超えてるだろ!
……徳叉迦(タクシャカ)がそんな感じのヤツと、一緒にいたらしいんだよ」
「それならアタシはこの前、難陀(ナンダ)が赤の世界のゼクスやゼクス使いと一緒にいるの見たな」
「何だと?」

WS015445 WS015446

自身が聞き回って集めた情報と、不意にフィーユからもたらされた情報。
相馬は神妙な顔つきで、呟くように調査結果を再確認する。

「難陀や徳叉迦の怪しげな動き、
そして、何者かに殺された娑伽羅の親父と険悪だったっつー摩那斯(マナスヴィン)
やっぱりあいつら、3人そろって何か隠してやがるな。だが、何をだ?」

WS015447

相馬は考えた。
相馬は一生懸命考えた。
相馬はかつてないくらい考えた。

相馬は過ぎたことを思い悩まない、サッパリした性格である。
従って、事件の推理などできるはずもない。
思慮深い表情はすぐに消え失せた。

「だあああ! 分かるか! オレは探偵じゃねえんだよ! 行くぞ、フィーユ!」
「どこへだ?」
「イマイチ気乗りしねえが、ほかに当てもねえ。一度顔を拝んでみようぜ」
「誰の顔だ?」
「甲虫女王ヘルソーン。しゃべるプラセクトだ!」

WS015448

 第10弾「真紅の戦乙女」のBOX予約最安値はコチラ!

 

    コメントを残す