ゼクス第10弾「真紅の戦乙女」のプロローグ(黒崎神門Ver.)が公開!

黒崎神門

ゼクス公式サイトにて

ゼクス第10弾 真紅の戦乙女のプロローグ(黒崎神門Ver.)

が公開されました!

 

本棚が立ち並んだ小綺麗な部屋に、電話が鳴り響く。
理知的な表情の若い男が、コール1回目で受話器を取った。

「はい、こちら自衛隊北九州方面隊」

20代前半くらいに見えるその男は、書類の束に囲まれながら、気怠そうな声を絞り出す。
代理とはいえ、責任者の部屋へ直電を寄越してくる相手の想像はついていた。

『俺だ。ちょっといいか』
「はあ……やはり軍師殿ですか。今回はどのような厄介事の連絡です?」

黒崎神門はまるで人ごとのように淡々と要件を告げ始めた。

『そう遠くないうちに緑の世界のホウライが遠征してくる』
「これまた骨が折れそうですね」

ホウライは緑の世界の主力種族。
北海道・東北地方を拠点としているため、ここ九州で見かけることは滅多にない。
しかし、洗練された武術は赤の世界の主力・ブレイバーにも決して引けを取らないという。

WS015438WS015439

『いや、自衛隊は干渉するな。高千穂は……宮崎は奴らに与えてやれ』
「どういうことです? 多数の戦力が軍師殿に取られてますから、
正面からやり合っては損耗激しいことは間違いありませんが」
『緑の世界に黒の世界攻略を手伝わせる交渉をしてきた。信長の尻拭いついでにな。
宮崎と引き換えに、北海道と東北北部が我々のものとなることも内々に決定した』
「なっ……軍師殿はいったい何を考えているんです!」

個人の判断で一地域がやりとりされようとしている。
神門の意見や主張には度々驚かされてきたが、もはや常識では計り知れない。
男は海よりも深いため息をついた。

「自衛隊北九州方面隊最高責任者の命令は絶対です。
……それが首都東京の奪還につながるのですね?」
『そういうことだ』
「分かりました」
『もうひとつ。間もなく青の世界と緑の世界のゼクス使いが北九州へ入る。
留守番だけというのも暇だろう? そいつらの相手でもしておけ』

決定事項のみが伝えられ、電話は切られた。
一呼吸置き、男は軽装の鎧を纏った女性が背後へ控えていることに気づく。

「そこにいましたか。話は聞いていましたね?」
「高千穂は赤の世界のブラックポイントにほど近い土地です。
他勢力へ引き渡してしまうのは、あまりにリスクが高いと思いますが……」
「……いや。交換材料となった東北北部も、緑の世界のブラックポイントと近い。
軍師殿には我々の予測も及ばぬような、最善の策があるのでしょう」

男は神門のことをよく知っていた。
だからこそ、苦々しい表情を浮かべた。

「それが聡明たる出雲の下した判断であれば、私もまた従いましょう。
では、さっそく行って参ります」
「頼みます。ジャンヌ・ダルク」

WS015437

 

 ゼクス第10弾「真紅の戦乙女」のBOX予約最安値はココ!

    コメントを残す